便利なアイテム

デコラインやピンストライプは車体に貼ってお洒落を楽しむことが出来ますが、ステッカーを貼る以外にも車をお洒落にするアイテムはたくさんあります。

車の内部にライトを点けたい場合、車のアクセルペダル、ブレーキベダル付近に取り付けて足元が光るタイプのものもあります。
他にも、ラインイルミネーションと言って、好きな部分にちょっとした光のお洒落を楽しみたいという方に大変人気なものがあります。
車内の小物いれの形に沿ってラインを取り付けたり、飲み物を入れるホルダーに取り付けたり、ドアポケットに取り付けたりと自分の好きな場所に取り付けることが可能です。

ハンドルカバーにも色々な種類があり、シンプルな一色使いのハンドルカバーやヒョウ柄、キャラクターなど自分の車に合わせてハンドルカバーを変えていくことができます。
ハンドルカバーと座席シート、クッションがお揃いという商品もあるので、車内に統一感を出したいと考える方は、そういったお揃いのものを揃えて取り付けるといいのではないかと考えられます。

車内に設置しておくと便利なアイテムについてです。

車内にもともと設置されているドリンクホルダーなのですが、増設することが可能です。
もともと設置されているドリンクホルダーの場合、ペットボトルのみ置くことが出来るというタイプのものが多いのですが、お店で販売されているドリンクホルダーは、ペットポトルだけではなく、紙パックを置くことが出来るものも販売されています。
ドリンクを置くだけではなく、携帯電話、スマートフォン、など小物を置くこともできるドリンクホルダーが最近販売されています。
ドリンクホルダーの設置場所なのですが、クーラー部分に差し込むタイプが主流です。
ドリンクホルダーを吸盤で取り付けるタイプのものもありますが、フロントガラスに吸盤で取り付けることは法律で禁止されていますので注意が必要になります。

携帯電話やスマートフォン、オーディオプレイヤーなどの充電などデジタル機器を車内に取り付けることが可能なソケットなのですが、車内には、一ヶ所しか繋ぐ場所がないということが多いです。
複数のデジタル機器を充電したいという方もいることが考えられますので、そういった方にオススメなのが増設ソケットです。
この増設ソケットは、複数のデジタル機器の差し込みが可能です。
特に3つ差込口のある増設ソケットが便利と言われています。

車に取り付ける便利なアイテムはたくさんありますが、どれも車の運転の妨げにならない場所に設置するようにする必要があります。

設置場所をよく考えてから取り付けをおこなうようにすることが望ましいと言えます。

ステッカーの貼り方

デコラインやピンストライプのステッカーは、業者の方だけではなく自分で張ることも可能です。
ステッカーの貼り方について説明していきます。

まずは、デコラインやピンストライプのステッカーをどこに貼りたいのかを決めます。
ステッカーを貼りたい場所の汚れを取り除く必要があるため、ホワイトガソリンなどを使用して車体を拭きます。
ステッカーを貼りたい位置の上下どちらかにわかりやすいようにマスキングテープを貼ります。
マスキングテープが綺麗に一直線に張れているのか確認します。
ずれていた場合はもう一度貼り直す必要がありますので、丁寧に張るように意識することが必要です。
マスキングテープに合わせて、ステッカーを貼ります。
ここでも、ステッカーがずれないように丁寧に作業を行う必要があります。
ステッカーを張り終わったら、マスキングテープを剥がし、作業終了という流れになります。

自分で貼る場合も、業者の方に張って貰う場合も、綺麗にステッカーを張るためにはマスキングテープをズレの内容に張ることが重要なポイントだと言われています。

デコラインステッカーやピンストライプは、車専門店や通販などで購入することが出来ます。
カラーバリエーションやデザインも豊富にありますので、自分の好みのステッカーを見つけて車に張ることで、車のお洒落を楽しむことが出来ます。

車のお洒落

自分の乗っている車を少しでも可愛くしたい、お洒落にしたいと考える人は多いと考えられます。
車をお洒落にするアイテムとして、デコラインやピンストライプのステッカーなど車体に張ってお洒落を楽しむことができるアイテムが世間で注目を集めています。

デコラインやピンストライプのステッカーには白や黒だけではなく、ピンクやブルー、シルバーやゴールドなど様々な色のバリエーションがあります。

自分の車にはどの色のステッカーが似合うのかお洒落を自由に楽しむことが出来るのです。

デコラインやピンストライプのステッカーは、車体の横の部分だけではなく車のライト部分に張ることもできます。
ステッカーを貼る際は、自分で張ることも出来ますが、デコラインやピンストライプなどのステッカーを張る専門の職人もいますのでそういった方に依頼して張って貰う方法もあります。